つむみ日記

住み始めて6年になる富山県新川地域の情報や、簡単で美味しいレシピなどをつづります。

【秘境の温泉】黒部峡谷を行くトロッコ電車で「祖母谷温泉」へ

秘境の温泉は、色々ありますが、今回は、”トロッコ電車でしか行けない温泉”を紹介します。

祖母谷温泉(ばばだにおんせん)

祖母谷温泉

今回訪れたのは、黒部峡谷を走るトロッコ電車でしか行くことが出来ない温泉、「祖母谷温泉(ばばだにおんせん)」です。

”祖母”と書きますが、”ばば”と読みます。笑

黒部峡谷鉄道ロッコ電車

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車

ロッコ電車で「祖母谷温泉」へ行く時は、トロッコ電車の旅がもれなく付いてきます!始発の宇奈月駅から終点の欅平(けやきだいら)駅まで、片道約80分。

ロッコに乗車し、車窓から眺める景色を楽しまれるだけでも、見ごたえ十分!たっぷり楽しめます。車窓といっても、窓のないオープンカーもあります。笑

オープンタイプの普通電車

せっかく黒部峡谷に来られたのなら、オープンタイプの電車に乗り、美味しい黒部の風を味わっていただきたいな~と思います。

ただし、トロッコ乗車中に多くあるトンネル内では、夏でも肌寒く、上着が必要です。

欅平

祖母谷温泉があるのは、トロッコ電車の終点、欅平駅にあります。

途中に設置されたヘルメット。命を守るため、ぜひ被りましょう~

祖母谷温泉は、欅平駅から歩いて50分ほど。緩やかな坂道(行きは登坂)が続きます。

途中、岩壁からの落石が心配される場所を通るので、ヘルメットを着用しましょう!

祖母谷温泉

綺麗な川沿いを歩いて来たところに、祖母谷温泉があります。最後の橋を渡り切って左折すると、祖母谷温泉の玄関にたどり着きます。

網戸の玄関を開けて、中に入ります。

紙が貼られたクリア板の左上、「押して下さい。」と書かれた上にボタンがあります。ボタンを押すと、宿主が出てきてくれます。日帰り入浴をしたい旨伝え、入浴料(大人700円、子供400円)を払います。

玄関を出た正面に、女性専用の露天風呂へ行く階段が設置されています。女性の露天風呂は階段下にあり、お風呂を利用する女性のみが入ることができます。

簡易的な脱衣場ですが、掃除が行き届いていて、綺麗で清潔感がありました。脱衣カゴもあります。

温泉には、湯の花がたっぷり浮いていました。熱い湯だと聞いていましたが、温度はちょうど良かったです。トロっとしたお湯は肌に優しく、強すぎない硫黄の香りが心地いい、良いお湯でした。

お風呂の川側は、岩で目隠しされていました。岩間からは、勢いよく流れる川が望めます。

湯舟から空を見上げると、深い青色の空が、最高に綺麗でした!

シャンプーやボディーソープもあります。

ただし、ドライヤーはありません。おそらく、コンセントも脱衣場にはないと思うので、ドライヤーを持ち込んでも使用できないと思われます。

温泉の玄関を通り過ぎたところに、待ち合わせが出来る休憩所があります。

この休憩所の、右側にある階段を下りると、キャンプ場や男性専用露天風呂へ行くことができます。

※注意:この休憩所の下方には、男性の露天風呂があるため、入浴している男性が見えてしまう可能性があります。笑

 

お湯と絶景を楽しめる、秘湯。「祖母谷温泉」へ、ぜひ、行ってみてください!

 

祖母谷温泉

アクセス:欅平駅より徒歩50分(2.5km)
入浴時間:午前10時~午後3時
入湯料金:大人700円、子供400円

祖母谷温泉」付近の観光

祖母谷地獄

祖母谷温泉付近には、「祖母谷地獄」という場所があります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tumumix/20220927/20220927104622.jpg

ここは、源泉が湧き出る場所です。「祖母谷温泉」や、近くの「名剣温泉」も、この源泉を引いています。

川の水と温泉が混じり合い、丁度良い温度の場所で、自分だけの”足湯”を楽しむことも出来ます!

 

あまりに気持ちが良いので、帰りのトロッコ電車の時間に遅刻しないようにしましょう~!

白馬岳

白馬岳への登山口

また、この「祖母谷温泉」が、白馬岳や唐松岳の登山口になっています。沢登りも人気らしいですよ~!先日、富山県警察の山岳警備隊が、調査のため沢を登っていました。技術と装備がある人は、挑戦してみてください!

唐松岳

唐松岳への登山口

登山前や、登山後の休憩に、最高の温泉に浸かってみてはいかがですか?

 

お手数おかけいたしますが、ポチっていただけると幸いですm(_ _)m

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村